芝居・演劇・読書、ア・ラ・カルト


by aimee_b
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

子供の虐待ー大人って?

haswayさんの記事からTBしています。

大人になりきれていない大人。

3歳女児、虐待受け重体 北九州、同居の34歳男逮捕。

最近、本当に子供を虐待するというニュースが多く報道されています。
わが子を虐待するという話も多いですが、今回のように、わが子ではなく同居している女性の子供を虐待するという事件も多い。


母親である以上、子供が日常的に虐待を受けているかいないかは、
わかっているハズですし、事情聴取にも知っていたと答えているそうですね。
好きな人との暮らしを優先したい…、今の生活を壊したくない…
いつかきっとなんとかなる…直面した問題から逃げているわけです。
いずれにしても、この母親もどこかで暴力に対して諦めていたと思います。
たぶん、この人自身も暴力を受けていたのでしょうね。
我が子がぶたれたり、蹴られたりする場面には何度も直面していると
思います。エアガンで撃つような男なんですから。

確か少し前に、子供にお湯をかけて大やけどさせた男女がいましたね。
何度もお湯をかけていたらしいですね。
子供が犬や猫、いいえ、それ以下の動物なんでしょう。もしくは生き物と
考えていない。生き物をわからない、感情以前の問題かも。

抵抗できないものをいたぶるというのは、性格が異常なんですけど、
小さな頃から生き物の命を大切に思う気持ちが育まれていない、
あるいは、育む余裕のある環境にいなかった、自らが命の危険にあった、
などの背景はやっぱりあるのでしょうね。
普通は本能とその後の学習で、母は子を無条件で愛おしむハズ
なんですけど、本能がマヒし、学習がなされない親が作られちゃう
ことになりますね。怖い事ですけど、きっと増えていると思いますよ。

母親が無条件で子供を愛する、というのはもはや神話なのかもしれない。
犬でさえ、本能+その後の犬としての学習があまりされていなければ
子犬を自分では育てられないんですから。子育てを拒否する犬もいる!!!
産箱から逃げちゃうなんて話も聞きますよ。犬だって病んでます。

ちょっと話ずれました(ーー;)

監禁事件などでもたびたび言われていますが、人間は言葉によっても
力づくによっても、暴力を日常的に受けると精神が諦めてしまう場合が
多いようですね。抵抗することに諦める。マヒしてしまう。
だからそういう状況に自分を置かないことが大切なんですけど、
子供には選択の余地がない。地獄ですね。
守ってやるべき母親はすでに母ではなく、マヒした女。

この事件の犯人(?)である34歳の同居人は、この母親からすれば
ちょっと危ういところのある、子供っぽい人だったのかもしれません。
つまり、ちっとも成長していない大人。
世話をやいてあげないといけないような、大人子供かもしれない。
普段は子供と一緒になって遊ぶのかもしれない。でもいったん
面白くなくなるとダダをこねたり、切れたりする我慢のできない人。
でもこういう人を魅力的だと思う人もいるんでしょう。

大人というよりは、一人の人間として、していいこと、悪いことを
理解していなくちゃならないし、実行できなくちゃならないですよね。

だって大人の定義は難しいから…小学校の頃他界した母はとっても
大人に見えました。その年齢に近づきつつある自分が果たして
あの母のような大人なんだろうか、と自問するとちっとも大人じゃない。
でも年齢とともに人間として成長しているとは思いたいですけど。

大人ってなんだろう。責任ある行動が取れる人、自分をちゃんと
コントロールできる人、周りとのバランスをうまく取れる人…

でもある役者さんなんて、現場ですぐ切れちゃうから周りの人が
フォローをするのが大変らしいけど、その人は演技では秀逸だから
テレビ・映画界では必要とされている人だけど、その人は大人???
ある意味、自制心が効かない、身勝手な人かも。でも仕事はしてるし、
売れっ子だし。それなりに地位も確保している。
そういうアンバランスさに魅力を感じる人がいるからこそ、売れているのね。
この人は性格的に難があるのかしら??でも完ぺきな人間はいないし。

成人し、人間としての一線を越えなければ大人なのかな…。
やっぱり人間として自覚を持って生きられる人が大人かな。
成人したからって、親になったからって誰もが大人というわけではない、ということかな。
なんだか頭がゴニョゴニョしてきた(-_-;)

でも、私、この人は「大人だなああ」って思いました。

今朝の朝日新聞に「48時間」という記事がありました。
埼玉県では、通報があったら48時間以内に虐待が起きていないか
児童福祉士が駆けつける規則を作ったそうです。
それでなくても、人手不足の児童福祉士だし、やることが山のように
あって、これまでは通報を受けてもなかなか重い腰が上がらなかった。
その上、プライバシーに斬り込むにはそれなりの理由が必要だから
虐待を未然に食い止めるのは難しいそうですね。
それでも、命を救いたいと体を張ってすぐに駆けつける事を貫いた
故藤井さんの姿勢に埼玉県が動いたと。
何故48時間なのか、亡くなった藤井さんの言葉です。
「それはね、約束なんだよ。どんなに厳しい状況にあっても48時間は生き延びてくれ。そしたら必ず行くからっていう子供との約束なんだ。」(朝日新聞より)


解決の糸口がない児童虐待に対して、自分のできる限りの力で
立ち向かった方です。
まわりでごちゃごちゃ言っている私よりもずっとずっと大人だと思います。
[PR]
by aimee_b | 2004-12-13 10:10 | トラバッた興味深い話題