芝居・演劇・読書、ア・ラ・カルト


by aimee_b
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

地球ゴージャス、観て来た

c0007787_17265067.jpg

実は昨日、歌舞伎を観て来た♡
これについては後ほど☆


さて、本日イヌトモに誘われて、赤坂でやってる「地球ゴージャス」の舞台、『星の大地に降る涙』を観た。


地球ゴージャスは初めて。印象としては、新感線と路線的には近い?かな、と。


あら、森山未來さんにぴったりな役も!ありました。


先に言っちゃうけど、その役をやった三浦春馬くん(19)は凄かった。声のトーンなどからの印象として、小栗旬が森山未來のように踊る青年。


三度めのカーテンコールで客演の三人を紹介したときにマイク向けられて、立ち回りで少し失敗したこと、でもお客さんがとても優しく拍手をしてくれた…と言いながら泣いてしまったーそうか、そうかー、頑張ったもんねえ〜いいよ、いいよ、初舞台だもんねえ。


隣の岸谷五朗さんも上手く慰めつつ切り替えてたのに…涙が溢れてしまった模様。


観客は全員、感涙ですよー。春馬、頑張れo(^-^)o

続きは後でねー、今帰る途中です。




※ネタバレおおあり注意!!※


開幕してしばらくは時代がいつなのかよくわからない。衣装の感じからすれば江戸?でも主人公(?)シャチ(三浦春馬)が大嵐の後目覚める島(‥、なんかこの感じどこかで見た劇に似てない?とまず思う)の人たちの服装を見るとさっぱり時代がわからない。


そのうち「日の本(もと)」という言葉が!!(あれ?これもどこかの劇((劇団新感線《GOEMON Rock》))で聞いた言葉だ!)してみると、侍の時代かしらん???


舞台は日本から少し離れた島。どうも蝦夷となっているらしい。もともと争いを好まない種族であるが、倭人同士の幾多の争いに巻き込まれ、闘わない種族は殺され、命からがら移住してきた場所であること。


タバラの民は歌って踊って愛し合って平和に暮らしている。その作法も倭人とはかなり違っている。


記憶を無くしているシャチが倭人であると知っているタバラの民(え?タタラの民に似てる!!)は、争いを避けるためにシャチといつの間にか流れ着いたトド(仮名w=岸谷五朗)を海に戻そうと言うが、村の長の勧めと、村の守り神のシャチに運ばれてきた男だから‥とかなんとかで共存への道を探ることに。


憎しみを乗り越え、お互いの違いを乗り越えてこその平和だと言う。


しかし、平和なのはこの島の上だけで、一歩外へ出れば倭人同士の争いは続いており、領土を広げる倭人の手で平和も乱されていくのであった。


最後の最後でわかるのは、トドが蝦夷征服を目指した土方歳三であり、シャチが新撰組の一人であるということ。そういう時代だったんだ〜〜〜〜〜っ!!


テーマは明らかに「反戦」だ。シャチのセリフにもちりばめられている。ハッピーエンドではない。訴えかける最後で終る。


というのが流れ。上演時間、前半80分、後半60分で、舞台装置も豪華。照明も凝っていた。ダンスもものすごく切れていて、見ほれてしまうような人が数名いた。なにより、三浦春馬くんのダンス!驚きましたよー。マジにうまいです。立ちまわりも上手い。後から19歳と聞いて驚いたわ〜〜〜〜


客演の音尾さん。すごい声量!!すごい動き!!いろんな人がいるんですねえ。存在感絶大でした。


でもやっぱり一番素敵だったのは岸谷さんでしょうかねえ。あの絶妙な間合いと、コミカルかつ的確なダンス、ものすごーっくカッコいい立ち回り姿。緩急取りそろえてごちそうさまという感じでした。


この「反戦テーマ」の劇中の歌を書き下ろしたのはEXILE。なんだかどこかで聞いたような音楽だなあ〜ってちょっと新鮮味がないような曲層でしたが‥まあ聞きやすいものでした。


タバラの男女の様子をダンスで表現する場面‥。ベジャールのファンですか?エロスタナトスそのままじゃないですか?同じ???????その動き、その絡み‥見たことあるよ、それ、見たことある、というものでした。皆さんとても綺麗だったけど。


最初に書いたようにカーテンコールはとっても温かい雰囲気でした。ちゃんと岸谷さんも寺脇さんもマイク持って語ったし、ほんわかしたカーテンコールでした。客席には空席は見当たらなかったけど、立ち見の人がたくさんいたそうで‥それには本当に驚きました〜。


三浦春馬くんのせい???若い人がとても多かったように思いますねえ。


とにもかくにも、あっという間の三時間でした。


この先はまあ、自分勝手な感想ですけども。


いや、ほんと、新感線の五右衛門に設定が似てるというか、あれは五右衛門の時代だからもっと前ですけども、争いをしない民、島で幸せに暮らしている民が争いに巻き込まれる‥みたいな設定が似ててねえ。


だいぶ違うのは、新感線の場合、それぞれの役柄に愛着が沸いて、なんだか愛おしくなっちゃうような雰囲気なんだけど、ゴージャスの場合、もっと話の筋に集中が持っていかれますね。個々の役柄だけが目立たないし、テーマを前面に出しているからかな。

全然違う劇団を比較するのも馬鹿みたいな話だけども‥あえて言えば


ま、EXILEか中島かずきか、というところでしょか?!歌的には中島かずきに一票(笑)
[PR]
by aimee_b | 2009-06-24 17:26 | 演劇、映画、本、ドラマ